スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式取引で一時の感情に惑わされるな

 私は株式を運用しています。
 その縁で株式などのセミナーに足を運ぶのですが、そこでよく言われていることに、
「個人投資家は感情で取引をして損をしているケースが多い」
 というのがあります。
 振り返ってみると、自分も感情に流されて損をしたことがあります。
 まだ上がる、まだ上がる…いや、いずれ上がる、いずれ上がる…と思っているうちにズルズルと株価が下がり続けて損をする。
 あるいは、含み損の重圧に耐え切れず、断腸の思いで損切りをしたものの、暫く経ってその銘柄をチェックしてみると上がっている…などということも。
 だから私は、株価を毎日チェックしてその上下に一喜一憂するのをやめました。株価を毎日チェックしていたらそのたびに惑わされるので、長期のスパンで運用して行こうと思っています。
スポンサーサイト

<< アメリカの株価 | ホーム | 資産運用の攻略 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。