スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国と香港のドルペッグ制で取引

以前私は、米国と香港の間でドルペッグ制をとっていることを利用して米ドル/円と香港ドル/円の取引を行っていました。
この2つの通貨は、まったく、同じ動きをするので、比率を合わせると為替変動が非常に少なくなるのです。
具体的には、米ドル/円、1枚に対して、香港ドル/円が7.8枚位の比率でしょうか。
ただ、このやり方だと取引枚数が増えるため、レバレッジの高いヒロセ通商のような会社にしなければなりません。
最近、米ドルの変動が激しくなってきたので、取引はやめましたが、意外と、安心して取引が出来る通貨だと思います。

スポンサーサイト

<< 私的株取引活用術!! | ホーム | やっと、知識がついてきた、株式投資・・・。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。