スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗談

私の株式の失敗談をお話いたします。それは信用信用株式で「売り」をしかけたときです。

通常の取引の現物株では「買い」しかできませんが、信用取引の世界では「売り」から入ることができます。

この「売り」とは、自分の売った株が下がればさがるほど利益が出る、というちょっと変わったルールです。

相場がさがっていたころ、わたしは迷わず「売り」をしました。
しかし、なれない取引でいつ株価が高騰するかびくびくしていました。

そんな中、突然日本中の株価が高騰しました。

「買い」が「買い」を呼び、連日株価は上がりつづけました。
信用取引の担保価値がなくなってしまい、そこで、損をしたまま取引を決済せまられました。

わたしの失敗談は信用取引の初めての「売り」でした。
スポンサーサイト

<< 為替変動のないドルペッグ制の通貨で取引 | ホーム | 投資体験 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。