スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短気は損気。

「短気は損気」ということわざがありますが、
株式投資にはまさにピッタリの言葉です。
株をする上で、一番のネックは買い時よりも売り時。
株初心者にはありがちなことですが、
短期間で儲けよう、マイナスが怖いなどの理由で、
あせって株を売却しがちですが、これがくせ者。
長い目で見ると、多少の株の上下には一喜一憂しない方がいいでしょう。
一年以上の長いスパンで株を見て、
「今が売り時!!」という時期を確実に狙うことです。
実際、私が株を始めたばかりの頃、
権利確定日に、明日から値下げを見込み、全株売却してしまったことがあります。
確かに損はなかったのですが、1週間後には倍以上の利益が得られるほどの配当になり・・・・。
あの時、あせらずに熟成しておけばよかったと今でも後悔します。今でも売り時を見極めるのは難しいですが、1年以上持ち続けた方が損はないでしょうね。
スポンサーサイト

<< 我輩の辞書に「ポンド」と言う文字はない。 | ホーム | みんなが不安だと言い始めたので、買います >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。