スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危うくアヤシイ仕事をしそうになった話

就職難の時代のことでした。
とにかく、卒業するまでには決めておきたいとの焦りから、内容がわからない会社であっても求人をしているということであれば、会社説明会に足を運んだものです。
そんな気持ちの中で、訪れた某社のこと。
会場は、その会社の会議室らしく、大きな部屋に豪華な照明や派手な服装のスタッフがたくさんおりました。
なんでもダイヤモンドの販売をするというのが業務内容のようでしたが、具体的な仕事内容の説明は全くなく、やたら高待遇ばかりを強調していました。
あまりに話がうますぎるので、結局は応募しなかったのですが、何ヶ月かして、その会社のグループが詐欺事件で社会問題化したときには、本当に驚いたものです。
もし、あのとき、どこでもいいから就職したいとの思いだけでその会社に入っていたら、自分自身が加害者になっていたかもしれないのです。
いまとなっては、おいしい話には気をつけなければならないという、いい教訓を得たものと感謝しています。
スポンサーサイト

<< 投資信託の疑問をFPにきいてみた | ホーム | システムトレードの影響か? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。