スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXのおろかな失敗

 やるからには負けてはいかん。つまり損を出してはならない。たとえ100円でも負けてはならない。最悪でもトントンでなければ。
 FXをやり始めた頃、こんなこだわりを持っていた。100円でも負けは負け。取引が終わった後の敗北感はいやなもの。100円でも勝ちは勝ち。終了後はいい気分。
 そう、たぶんに感情的な問題。100円の勝ち負けには二〇〇円の差しか発生しない。些細なことだ。
 これが大きな失敗をもたらした。
 取引開始後、相場は予期したものと反対方向に向かった。損失が1000円、2000円、5000円と増えていく。そのうちに1万円の大台に乗りかけた。
 そこで反転。戻ってきた。マイナス7000円から4000円、2000円、800円・・・よし、もう少しで振り出しだ。そこで決算しよう。
 相場はさらに戻り、マイナス500円、300円、100円まできた。よし、あと一息。
 ところがそこで再び反転。あれ?凄まじい勢いで戻っていく。それはまさに波が返すようだ。
 決算のタイミングを失い、結局マイナス1万円まで戻ってしまった・・・
 変なこだわりを持たず、マイナス500円くらいでスパッと決断しておけばよかったと後に後悔。つまらないこだわりは失敗の基だ。

スポンサーサイト

<< 投資のメリットとデメリット | ホーム | 買えども買えども >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。