スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実際にあった投資の話 自動販売機

今回ご紹介させていただくお話はとある自動販売機のお話です。

自動販売機を見つけて思ったことはありませんか?
「これでいくら儲かっているんだろう・・」と。

私が知っている話をご紹介いたします。

とある土地に大学が移転するお話がありました。

その情報をいち早く得たAさんが大学が移転する土地を買ったのです。

その土地の大きさ10坪。

このAさんの目的はひとつ・・・

そう、大学がこの土地に移転するから土地を買ったのです。

大学側はもちろんこのAさんの土地が必要になります。
Aさんは大学側と最初から争うつもりはありませんから、
ひとつ条件を出して土地を譲ったのです。

その条件が、 大学内における自動販売機の権利です。

大学は学生がもちろん多いですから、
自動販売機の飲料水が飛ぶように売れるわけです。

このAさんは毎月50万円近く自動販売機の権利だけで収入を得ています。

売れていない自販機だと、収入が1万円弱というお話も聞いたことがあります。

タイミングが何事にも大切ということです。

一度あなたの身のまわりを整理してみて下さい。

何か新しい閃き、タイミングが重なれば良い結果が生まれるでしょう。

スポンサーサイト

<< 損切りの見極めが大事 | ホーム | 信用取引を体験して! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。