スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資信託の疑問をFPにきいてみた

投資を始めた頃、投資信託の疑問は晴らしておきたかったので、15分無料でFPに相談できるというサービスを利用して電話相談してみた(←せこい…)
投資信託の購入、売却は申し込んだ日の終値で決定。市場が終わったあとは翌日の終値で決まる。これは理解できたわけ。
運用はプロがやる、だから運用報酬も払わなければならない。これもわかった。
んじゃいつ買えばいいの?いつ売ればいいの?これが最大の疑問だった。FPが電話口でうーーむ、うーーむとうなりながら、私の話をきいてきたが、ようやく口を開いた。
「お客さんが買いたいと思ったときに買い、売りたいと思ったときに売るしかないです」
「そんじゃ、運用のプロはなんらアドバイスもしてくれないのですか?」
「そういうアドバイスはしません」
すごーーーく納得いかなかった。結局自己で不自由な売買モードでやりとりしなきゃいけないのだ。利点は1万円と手ごろに投資できることだけど。なんだかFPさんも歯切れが悪い。
ちなみに後日、投資信託を売却したが、売却金額が入金されるまで数日かかるので緊急時に払い出そうと思ってると困った事態に陥るので、緊急資金のsてにしてはいけないと実感した

スポンサーサイト

<< 株式投資の最大のデメリットは、損をしても自己破産できないこと | ホーム | 危うくアヤシイ仕事をしそうになった話 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。