スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式投資の最大のデメリットは、損をしても自己破産できないこと

 僕は株式投資を行っているが、余裕資金の中だけでやっている。信用取引を使っての全力買いや全力売りなどは行っていない。損をしたときが怖いからだ。絶対に儲かる、絶対に損する、100%大丈夫だと思っていても何があるか分からない。大地震がくることだってあるし、どこかの国が経済破綻を起こすこともある。大規模な地域戦争が勃発することだってある。可能性は極めて低くてもゼロではない。
 事業を手がけ失敗して借金だらけになっても自己破産でやり直すことはできる。だが株式やFXや先物などの投資やギャンブルでの損は自己破産できないのだ。調停を結んで月々返済する道はあってもそこに至るまでが本当に辛いと思う。
 株式投資にいくらぐらいまで使っていいかという相談の答えの1つに「朝起きて、現金を封筒に入れ、それを自宅の郵便ポストに1日中入れておいても平気な金額」という答えがある。うまいたとえだと思う。運がよければなくならないが、運が悪ければなくなる。運悪くなくなっても平気な金額ということだ。人によっては数万円の人もいるし、何百万という人もいる。
 いろいろ書いたが、株式投資は失敗しても自己破産できない。これを肝に銘じておくべきだと思う。

スポンサーサイト

<< 資産運用の攻略 | ホーム | 投資信託の疑問をFPにきいてみた >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。